• 津にこんなとこあったんだね

    世界にひとつだけの時間

  • わたくしがご案内します

    三代目 伊藤真司

    せかひと3選コースご案内

    三代目も実践して感じた

    洞窟

    今だから冒険
    旅館でテント?お札を手に入れる

    鬼殺

    今だから修行の身
    坐禅で心を落ち着かせ

    浄化

    今だから心と身体を清める

    坐禅?巫女舞?健康?

  • 旅のスタートはここから

    東海道五十三次の47・関宿(三重県亀山市)からお伊勢参りに向かう、津市は津城を中心とする城下町で旅人をもてなす宿場や遊郭が多くあったそうです。

    江戸の話

    東海道五十三次は、江戸時代に整備された五街道の一つ、東海道にある53の宿場を指す。古来、道中には風光明媚な場所や有名な名所旧跡が多く、浮世絵や和歌・俳句の題材にもしばしば取り上げられた。なお五十三次と称す場合は京都までの場合であり、さらに大坂までを加えて東海道五十七次とする説 もある。また、奈良時代の律令制による東海道では、延喜式によると、伊勢の鈴鹿駅から常陸の雄薩駅まで55駅が設置されている。日本橋が起点。(資料Wikipediaより)

    洞窟

    世界でひとつの時間は、洞窟での食事、三重の幸を贅沢に焼く「山海賊料理」「鍋料理」は創業当時より愛されております。伊勢湾の海賊と鈴鹿山脈の山賊がお互いの大漁(大猟)を祝って、この洞窟で宴をしたと語り草もあったりします。

  • 美しく清め

    旅の目的はリフレッシュ、この地で心身ともに清め綺麗になって次の旅路へ

    旅宿

    Shunji Itoh

    磨洞温泉 涼風荘
    三代目 伊藤真司

    この地で生まれ育った。この地に何か恩返しができないかと、地域のことを考えるようになった。
    旅宿の存在は、旅人の拠点であり地域のオアシスでありたいと思ってます。

    今回のプロジェクトにかかわったのは、今だからできること

    心身ともに癒される旅のお手伝い
     

    ホームページ

    進行中のプロジェクト
    ご当地グルメでまちおこしプロジェクト
    お客様と地域の懸け橋に温泉郷プロジェクト

    せいかつの輪で乗り切ろうプロジェクト

    住職

    Takayuki Kuramoto

    塔世山曹洞宗四天王寺
    住職 倉島 隆行
     

    大本山永平寺で修行後、欧州等へ参禅修行に向かう。その後、伊勢皇學館大学に結集された伊勢国際宗教フォーラム世話人としてダライ・ラマ14世を招聘するなど、様々な宗教の垣根を超えて諸宗教対話に尽力している。

    ホームページ
    映画の取組

    巫女舞

    Mai Yamada

    株式会社アイム
    代表 山田 舞

    《今の自分が好き。10年後もそう思っていたいから。》
    というプライベートサロンim-home当時からのコンセプトから
    《幸せな老後を迎えるための健康・経済・心を満たす事業》
    《《今さら》→《今から》へReスタート(再出発)のお手伝い》
    というミッションを掲げていきます。

     

    Facebook
    ホームページ

    写真家

    Jun Kanou

    加納フォト
    代表 加納 準

    小3の時、父から貰ったニコンがきっかけで、写真を始めました。 独学で学んだ写真で現在は建築を主とした撮影をしています。

    ホームページ
     

  • 温まる旅路

    温泉、料理、人のぬくもりにふれる旅路

    パワースポット巡りの旅

    旅の道中でパワーを充電

    〇四天王寺の手水舎(津市)
    〇磨洞温泉の洞窟(津市)
    〇香良洲神社(津市)
    〇風穴(度会郡)
    〇頭之宮四方神社(度会郡)
    〇熊野古道
    〇伊勢神宮(伊勢市)
    〇夫婦岩(伊勢市)

    御朱印巡りへの旅

    聖徳太子1400年限定御朱印(四天王寺)

    聖徳太子1400年限定御朱印(伊勢和紙)
    伊勢の国 四天王寺のある三重県の伝統工芸品に指定されている「伊勢和紙」を使用した限定御朱印です。この伊勢和紙は、伊勢神宮をはじめとする神社のお札などにも使われている良質な和紙です。
    「三重の伝統を守りたい」という想いを込めています。
    〇ホームページ

    👹御朱印をためて女鬼峠にむかう(笑)

     

    【伊勢の津七福神】
    【毘沙門天】津観音寺 三重県津市大門32-19
    【弁財天】 円光寺   三重県津市河芸町上野2861
    【恵比須天】初馬寺  三重県津市栄町3-210
    【寿老神】 高山神社 三重県津市丸之内27-16
    【福禄寿】 結城神社 三重県津市藤方2341
    【布袋尊】 榊原 地蔵寺 三重県津市榊原町4695
    【大黒天】 四天王寺 三重県津市栄町1-892

    国宝 高田本山専修寺

     

    自転車の旅

    旅宿から自転車での旅

    自転車の旅は、風を感じることができます。峠を登り切った後の下り道では、ひんやりとした風が、身体中の汗を冷ましてくれます。川面を過ぎる風が草花の香りを運んでくれます。普段は気づかずに通り過ぎてしまう景色や街角。春の花の香りが、鼻をくすぐる。秋の野焼きの匂いの中を走る。自転車ならではです。

    自転車で旅をすると、気ままに立ち寄ることができます。街を走っていて、いつも何かしらの新しい発見があります

     

    自転車旅行は、リーズナブルでもあります。必要なのは炭水化物と宿代だけです。

    世界遺産熊野古道への旅

    女鬼峠1.8キロ

    〇切り通し
    女鬼峠は石墨千枚岩を掘割って通した峠道です。
    当時の掘削技術を考えると、
    かなりの難工事であったのではないかと思われます。
    〇大神宮寺相鹿瀬寺跡

    天平神護二年(766年)称徳天皇により建立されました。周囲から奈良時代の軒瓦などが出土しています。

    〇名号碑と如意輪観音像

    名号碑(右)には南無阿弥陀仏と彫られています。祠の中には如意輪観音が祀られています。

    陶芸家の旅

    川喜田半泥子

    川喜田半泥子は、明治11年11月、200年以上の歴史を持ち、半泥子は、企業の要職を務める傍ら、その多忙な日常の中で、書画、茶の湯、俳句、写真など、多彩な芸術的才能を発揮した人物でした。四天王寺では半泥子の湯のみでお茶を出すこともある

     

    作品が見れる場所
    〇石水博物館
    廣永窯

    その他の陶芸・体験ができる場所
    〇白山窯(津市白山町)
    〇草生窯(津市安濃町)

  • SNS

    Check the latest information!